ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

木材公共施設

114  〇木材利用は森林の公益的機能の向上に寄与   (間伐等の森林整備で生産された木材の利用を図ることにより,さらなる森林整備の推進に繋がる。)例えば,45年生のスギ林1, 000ha の森林がもたらす代表的公益的機能※ H19 林野庁補助事業「企業等の森林づくり活動に対する評価手法の開発」による,森林機能の 評価ツールにおける評価式を引用して試算する。結 果〈試算〉H24 年度に利用された,県公共関係事業(施設整備,土木事業)における県産材使用量 :9, 578? ( 製材品)これを原木換算すると :9, 578? ×2=19,156?間伐地における立木材積換算で19,156÷0. 4=47, 890?7?9齢級の間伐地1ha から45? の間伐材が発生するとして, → H24 公共事業県産材使用量を間伐材で賄うと,  約1, 000ha の間伐地が発生されたこととなる。? 木材利用による森林機能評価