ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

木材公共施設

26事業主体施設名称施設管理者伊佐市子供交流支援センター(伊佐市)伊佐市伊佐市長 隈元 新笑(すまいる)〒895-2513 伊佐市大口上町46番地1TEL 0995-22-5566   FAX 0995-22-5911伊佐市長 隈元 新TEL 0995-23-1311   FAX 0995-22-5035完成年月日平成22年10月5日工  期平成22年3月5日~平成22年10月5日(215日間)事業費108,150千円補助金52,303千円構  造木造平屋建設計事務所施工業者(株)衞藤中山設計〒890-0014 鹿児島市草牟田2丁目56番17号TEL 099-226-7373   FAX 099-222-6818(株)富士建設〒895-2631 伊佐市大口小木原954番地3TEL 0995-22-0668   FAX 0995-22-6676◆施設の概要 おぎゃー献金の生みの親である遠矢善栄博士の精神を受け継ぎ,療育・相談・遊び・交流によって伊佐市の障害児支援を行う身近な子育て支援の総合的中核施設。 乳幼児から18歳までの子どもや,妊婦や子育て中の保護者に医療・福祉・教育の分野が連携し,適切で質の高い支援を行う,「ファミリーサポート」の場として,総合相談事業と療育事業を提供する。◆設計のコンセプト 保育室の廊下に面する窓はマジックミラーとなっており,保護者や関係者が療育の様子を観察することができる。室内からの飛び出し防止のため出入口のすべてに鍵を設置,室内のコンセントはすべてカバー付きとし,照明スイッチは床から1.8mの位置に設置した。身体の発達障害児への配慮として,保育室のひとつに床暖房設備も設置した。 また,木のぬくもりや優しさを子ども達が肌で感じられるように,床・腰壁には桧板張りをし,地域材の利用拡大及び環境への配慮から,構造材・下地材・床材に認証かごしま材を使用した。Case児童福祉施設建築面積511.92㎡ 延床面積420.66㎡木材使用量110.72?かごしま木造公共施設事例