ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

木材公共施設

30事業主体施設名称施設管理者鹿屋市中学校武道場(鹿屋市)鹿屋市鹿屋市長 嶋田 芳博鹿屋市立輝北中学校武道場〒893-8501 鹿屋市共栄町20-1TEL 0994-43-2111   FAX 0994-41-2935学校長 鶴薗 博文TEL 0994-85-1004   FAX 0994-85-1081完成年月日平成23年3月4日工  期平成22年10月28日~平成23年3月4日(128日間)事業費90,621千円補助金43,197千円構  造木造平屋建設計事務所施工業者(株)宇住庵設計〒893-0037 鹿屋市田崎町2214-4TEL 0994-43-2498   FAX 0994-44-8090(株)森建設〒893-0201 鹿屋市輝北町上百引3847-2TEL 099-486-1131   FAX 099-486-0724◆施設の概要 平成23年度から鹿屋市輝北町内の中学校が統合され,旧市成中学校が新生輝北中学校として整備された。一方,学習指導要領の改定に伴い,平成24年度から武道が新たな必須科目になった。(当中学校では平成23年度より実施) そこで,武道を安全かつ円滑に実施できるよう新たに武道場の整備を実施し,生徒の活動の場のみならず地域住民の災害等の拠点施設としての役割も担わせる。◆設計のコンセプト・木材利用の積極的な取組を行い,可能な限り木材を利用・生徒の健康や環境にやさしい温かみのある建物・生徒,教職員,地域住民に活力を生み出し,使用しやすい建物・若き魂の鍛錬の場としての建物・環境,シックハウス対策,バリアフリーを考慮した建物・シンプルな構造とし,耐久性のある経済的な建物Case学校施設建築面積478.00㎡ 延床面積450.45㎡木材使用量108.00?かごしま木造公共施設事例